inShow VR 秀未智

 人が一つの場所に集まることへのハードルはここ数年で格段に高くなった。この影響もあり急速に注目を浴びるようになったのが、オンラインでのコミュニケーションや、VR技術を用いた人々の交流である。こうしたコミュニケーション手段を考える時の一つの目標は、ただ人が集まることのできる「空間」をつくることではなく、なんとなくそこに行きたくなる、特に用事はないけど立ち寄りたくなる、そんな「場」を生み出すことにある。こうしたVRでのコミュニケーションの「場」を生み出す方法の一つを示した「inShow VR」の背景に迫る。

ーー「inShow VR」はどういった作品なのですか?

秀:「inShow VR」では、Unityで楽曲を読み込むだけで、自動でイイ感じの映像やパーティクルを生成し、VRSNSの1つであるVRChatのワールドとして出力することができます。演出はワンパターンですがテンポや色を設定でき、曲数も可変です。ペンライトも自作し、VR空間内で曲を聞いて盛り上がる場を作りました。

ーーこういった「場」づくりをしようと思ったきっかけはありますか?

秀:VRChatというVRSNS(VR内でアバターを着て、現実と同じように他の人たちと喋ったり遊んだりする場)にちょうどハマりかけていた時期に、「VJイベント」なるものの存在を知りました。VR内で曲に合わせてDJイベントをしていて、行ったことはないのですが、間違いなく最高の「場」になっていると思います。VRでは曲に雰囲気を合わせようと思えばいくらでも合わせられるわけですが、その作業を自動化できる、VJジェネレータのようなものがあればと思い作成しました。

ーー 一見、「機械系」とは結びつかないような作品ですが、学科での学びは活きていますか?

秀:機械系の実習はSE製作などハード系が目立ちますが、しっかりソフトの演習もあり、プログラミングはもちろん、3DCGツールに触れたり、3DモデルをCADを用いて作成する実習もあります。今回の製作はUnityが主でしたが、shaderのしくみでは3DCG演習が、動作制御やエフェクト生成機構などの実装ではプログラミングの実習が生きました。

ーー最後にこれから進路を選ぶ方にメッセージをお願いします!

秀:「機械」と聞くと車やらロボットやらメカメカしているのかな…と思われがちかもしれません。僕もそうでした。ところが実際は、VRや脳科学などSFに登場しそうな題材から、デザインやインターフェースなどの人間にかかわるものまで広く扱っています。「機械じゃない、人間が知りたいんだ!!」というそこのアナタ!なんと、実は、機械系がおすすめですよ!!!

メイン企画
 メカトロニクス演習展示  自主プロジェクト展示  スターリングエンジン展示  研究室インタビュー
機械工学プチ企画
 キカイワールド  Techno Diary  遊星歯車展示  電子工作教室  ロボットコントロール体験  ロボットプログラミング教室  ロボットモーション体験
東大機械 データベース
 研究室紹介一覧  授業紹介一覧
 公式YouTube  公式Twitter  公式Facebook
第95回五月祭 公式