スターリングエンジン制作演習

 機械系二学科の目玉となる、「設計し、図面を書き、材料を加工し、組み立てる」という一連の流れを実践的に学ぶことのできる演習です。
 学生たちは六人一組でオリジナリティあふれるスターリングエンジン(SE)を製作しました。

スターリングエンジンとは?

 空気は、「加熱すると膨張」し、「冷却すると収縮」するという性質を持っています。 スターリングエンジンでは、高温側のシリンダと低温側のシリンダが細い管を介して繋がれていて、 高温側では、ガスバーナーなどの熱源によって加熱された空気が膨張し、 低温側では、外部の空気によって冷却された空気が収縮します。 この空気の膨張・収縮の繰り返しが、クランク軸を回転させます。

 昨年度はオンラインと対面を併用し、気軽に集まれるオンラインと、実物を見ながら議論できる対面の、両方のメリットを活かして制作することができました。
 スターリングエンジンの基本的な仕組みは通底しつつ、各班で機構や構造などを工夫したオリジナリティあふれるエンジンが数多く誕生しました。
 ここではエンジンの動きだけでなく、各班のエンジンに対するアイデアや設計思想などについても紹介していきます。

各エンジンの動作紹介

完成作品紹介

1班 α型 V字2ピストン スターリングエンジン

12班 α型 小型スターリングエンジン

17班 γ型 低温度差スターリングエンジン

22班 α型 小型スターリングエンジン

関連企画のリンク

メカトロニクス演習展示  機械Aのメカトロニクスを実践学習する演習で、 どんな「面白いもの」を作り上げたか見てみましょう!

自主プロジェクト展示  機械Bの知的情報処理とメカトロニクスを題材として各自で制作したプロジェクトを見てみましょう!

キカイワールド  ゲーム内で去年設計したスターリングエンジンのCADモデルが動くところを見ることができます。

ロボットモーション体験  回転運動を多種多様な形の運動に変換する、「機構学」のカラクリの体験ができます。

メイン企画
 メカトロニクス演習展示  自主プロジェクト展示  スターリングエンジン展示  研究室インタビュー
機械工学プチ企画
 キカイワールド  Techno Diary  遊星歯車展示  電子工作教室  ロボットコントロール体験  ロボットプログラミング教室  ロボットモーション体験
東大機械 データベース
 研究室紹介一覧  授業紹介一覧
 公式YouTube  公式Twitter  公式Facebook
第95回五月祭 公式